【プロ野球】楽天・大久保監督「松井は毎日必要」…松井裕樹のリリーフ起用を示唆 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【プロ野球】楽天・大久保監督「松井は毎日必要」…松井裕樹のリリーフ起用を示唆

スポーツ 選手
野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
楽天イーグルスは12日に紅白戦を行い、松井裕樹投手は8回から2イニングを投げ、1安打2奪三振で無失点に抑えた。試合後に大久保監督は松井の起用法について、リリーフで登板させたい考えを明かした。

甲子園では奪三振記録を塗り替え、プロでも左のエースとして期待された松井。だが大久保監督は「先発で中6日より、毎日投げてもらわないと困る。松井は勝つために必要な投手」と、左腕リリーフの少ないチーム事情もあり、松井をセットアッパーやクローザー候補と考えているようだ。

楽天では先日、片山博視投手が左肘の怪我もあり、10年目での打者転向を発表した。ただでさえ少ない左腕リリーフが、さらに手薄となった。松井は昨シーズン得意のスライダーで高い奪三振率を記録したが、反面まだ身体ができておらず先発では6回から球が荒れる傾向が見られた。

中継ぎとして1軍のマウンドを経験させながら、将来的にはエースとして育てたい方針もあると見られる。

今日のリリーフ起用は自分の意思表示と語った大久保監督。ファンは「悪い話じゃないと思うけどな」「まぁ確かに、先発すると5、6回辺りでガタガタになってたからありっちゃありかも」「楽天の松井裕樹、中継ぎ転向とかびっくりだ! でも三振取れるしそっちの方が向いてそう」と理解を示す一方、「楽天は松井が抑えやるのかな。適性はありそうだけど…」「やはり野手出身の新米監督は話題作りしかしないようだ。 球界を代表する先発左腕を使わないとは」など、やはり先発で見たいとする意見も多かった。

当然ファンは球界を代表する左腕エースに成長してもらいたいと思っている。そのためにもリリーフを経験することは、悪いことではない。ソフトバンクホークスの攝津投手も、もともとは中継ぎとしてパ・リーグ屈指の成績を残し、先発に転向した。

勝負所で集中しプロの強打者を抑えられるようになれば、先発に回ってからも経験が活きるはずだ。

《岩藤健》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top