中田英寿「日本人としての美意識を持ってモノづくりを」…ジャパンクオリティを継ぐ「塗師」募集・育成の発表会 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

中田英寿「日本人としての美意識を持ってモノづくりを」…ジャパンクオリティを継ぐ「塗師」募集・育成の発表会

イベント 文化
モノづくりニッポンe仕事×ReVALUE NIPPON」の第2弾記者発表会 (撮影画像)
  • モノづくりニッポンe仕事×ReVALUE NIPPON」の第2弾記者発表会 (撮影画像)
  • モノづくりニッポンe仕事×ReVALUE NIPPON」の第2弾記者発表会 (撮影画像)
  • モノづくりニッポンe仕事×ReVALUE NIPPON」の第2弾記者発表会 (撮影画像)
  • モノづくりニッポンe仕事×ReVALUE NIPPON」の第2弾記者発表会 (撮影画像)
  • モノづくりニッポンe仕事×ReVALUE NIPPON」の第2弾記者発表会 (撮影画像)撮影画像 (2015年1月13日)
  • モノづくりニッポンe仕事×ReVALUE NIPPON」の第2弾記者発表会 (撮影画像) 撮影画像 (2015年1月13日)
  • モノづくりニッポンe仕事×ReVALUE NIPPON」の第2弾記者発表会 (撮影画像) 撮影画像 (2015年1月13日)
1月13日、東京都内で「ジャパンクオリティを継ぐ「塗師」募集・育成キャンペーン」発表会が行われ、元サッカー日本代表の中田英寿氏が出席した。

中田氏は2014年4月、日研総業が運営する製造業専門の求人情報サイト「e仕事」とのコラボレーションにより、日本文化再発見プロジェクト「モノづくりニッポンe仕事×ReVALUE NIPPON」を立ち上げた。それ以来、日本の伝統文化を世界に向けて発信するため精力的に活動を続けている。

プロジェクトの第2弾にあたる今回のキャンペーンでは、ジャパンクオリティを継ぐ「塗師」を募集・育成。中田氏に加え、漆芸家で人間国宝の室瀬和美氏が監修する。中田氏は、「毎年、日本文化を発信するプロジェクトを進めていて、今年は漆塗りでいく」と、冒頭から意気込みをみせた。

ちなみに、今回のキャンペーンが「塗り」をテーマとしていることから、「漆塗り」に加えて「塗装」にも着目。漆芸家の室瀬氏のほかにも、日本でトップシェアを誇る塗料メーカーである関西ペイントの宮武啓次氏、板金塗装の塗装職人である菅原健二氏ら、日本の製造業を代表する自動車塗装分野のキーパーソンもゲストとして登壇した。各人はそれぞれの立場から「塗り」という仕事に対するこだわりを語った。

室瀬氏は「日本の文化は知恵と技だと思うし、その基盤になるのが伝統工芸。日本の文化は、学んで、習得して、美を感じるもの」と熱弁。

また、宮武氏は「日本には四季があるため、気候風土に応じた塗料を開発することが必要。技術力が無ければできないこと」と日本の技術力の高さを誇った。

この話に興味深く耳を傾けていた中田氏は、「お二人の話を聞いていると、漆塗りと塗装の工程は同じ」と話すなど、「塗り」の共通事項を発見。「塗り」をテーマとしたトークは終始和やかに進み、各人がそれぞれの仕事に対して理解を深めていた。

中田氏は「今回のキャンペーンは、単に製品を作る人を育てるわけではなく、日本人としての美意識を持ってモノづくりに励む人材を育てたい」と意欲。また、清水氏は「参加者は希少な体験ができると思うし、日本文化の良さを世界に発信できれば」とアピールした。

「ジャパンクオリティを継ぐ「塗師」募集・育成キャンペーン」は、「e仕事」の求人サイトにて「次世代の塗師」を一般から募集。採用者は伝統工芸から日本の「塗り」の精神・知恵・技術の習得に励む。また、2015年に開催されるミラノ万博の開催時期にイタリアに渡り、現地で中田氏が日本文化を発信するイベントにも参加する。
《浜田哲男》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top