Google検索エンジンシェア、米国で低下、2008年以来の最低値を更新 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

Google検索エンジンシェア、米国で低下、2008年以来の最低値を更新

ライフ 社会
PC イメージ
  • PC イメージ
ウェブ統計企業StatCounterによると、2014年12月に米国検索市場におけるGoogleのシェアが、前月77.3%から75.2%に減少している。一方Yahoo!は8.6%から10.6%に増えており、減少した2%分がYahooへ移行した格好だ。

背景にあるのは人気ブラウザFirefoxの仕様変更と見られる。従来Firefoxはデフォルト検索エンジンにGoogleを使用。検索ボックスからユーザーに検索してもらうことで、使用料をGoogleから得ていた。

しかしGoogleが自社でWEBブラウザGoogle Chromeを開発するようになると、両社の関係を心配する声が増え始めた。いずれ完全に袂を分かつときがくるのではないかと予想されてきた中、2014年11月にMozillaはYahooとの提携を発表。12月から米国版Firefoxのデフォルト検索エンジンはYahooに変わった。

まだ減少は2%に留まり決定的な変化とまでは言えないが、最近のGoogleは検索アルゴリズムの仕様変更に「以前より精度が落ちた」「セーフサーチを切ってもフィルターがきつい」など、ユーザーからの声もみられる。

2008年以来の最低値を更新した今回の結果に「多くのネット企業は、Googleの検索エンジン対策に命をかけているので、そのシェアが落ちるというのは、影響あるかも」「便利なのは便利だけど、まとめとか必要ないものがトップに来る。 ものによってはbingで検索してる」「Android端末、売れているはずなんですが」「むしろFirefoxのほうに大きな影響あると思っていた」などの感想がネットには投稿されている。

Firefoxの仕様変更が影響を与えたとする見方には「つまりはデフォルトの検索エンジンから変えてない人が大部分ってこと」といった意見もある。多くのユーザーは特に不便を感じない限り、検索エンジンは強く意識しないということか。

なお日本に関してはYahooは米国と離れ独自の路線を進んでおり、直接の影響や変更は少ないと見られる。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top