【Jリーグ】日本代表キャップ数82。FC岐阜が三都主アレサンドロの契約満了を発表 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【Jリーグ】日本代表キャップ数82。FC岐阜が三都主アレサンドロの契約満了を発表

スポーツ 短信
三都主アレサンドロ 参考画像(2006年)(c)Getty Images
  • 三都主アレサンドロ 参考画像(2006年)(c)Getty Images
FC岐阜が公式フェイスブックにて、三都主アレサンドロの契約満了を発表した。


三都主は清水エスパルスでプロ生活をスタート。その後、浦和レッズ、ザルツブルグ、名古屋グランパス、栃木FCを渡り歩き、今シーズンからFC岐阜に移籍していた。2015はリーグ戦18試合に出場して2得点だった。

三都主アレサンドロといえば、2002年の日W杯のトルコ戦のゴールバー直撃や、相手と対峙し、ボールを先に蹴り、ボールとは逆の方を走り去って抜く通称「裏街道」などが印象的だった。元日本代表でキャップ数82は歴代6位を記録している。

「FC岐阜サポーターの皆さん、岐阜県民の皆さん、FC岐阜在籍中はたくさんの応援・サポートをありがとうございました。1年間という短い間でした が、熱い応援の中でプレーでき、とても充実した一年でした。途中ケガをしてしまい、チームに迷惑をかけ、自分自身も悔しい思いをしました。もっとチームに 貢献したかったという心残りはありますが、これからもFC岐阜がもっともっと成長していくことに期待しています。明後日、ブラジルに帰ります。21年間遠くで見守ってくれていた両親の近くでサッカーをすることができたらいいなと思っています。新たな生活をスタートさせます。どうか皆さんお元気で」とサポーターへコメントしている。

なお、三都主アレサンドロは1月13日にブラジルへ帰国するという。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top