【リーガ・エスパニョーラ】レアル、公式戦連勝は22でストップ…「バレンシアの気迫が凄かった」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【リーガ・エスパニョーラ】レアル、公式戦連勝は22でストップ…「バレンシアの気迫が凄かった」

スポーツ 短信
レアル対バレンシア (2015年1月4日) (c) Getty Images
  • レアル対バレンシア (2015年1月4日) (c) Getty Images
  • レアル対バレンシア (2015年1月4日) (c) Getty Images
  • レアル対バレンシア (2015年1月4日) (c) Getty Images
1月4日、リーガ・エスパニョーラ第17節で首位のレアル・マドリードが5位のバレンシアと対戦。バレンシアが後半に2点を奪い逆転し、レアルの公式戦の連勝を22でストップした。

気迫が勝った。これまで無敵の強さを誇っていたレアルに土をつけたのは、今季好調を維持するバレンシアだった。

先制したのはレアル。前半13分、クロースのフリーキックをベイルがヘッドで流すと相手のハンドを誘いPKを獲得。これをクリスティアーノ・ロナウドが確実に決めた。

後半に入るとバレンシアが反撃。7分にバラガンの放ったシュートがレアルのDFに当たり、コースが変わってゴールイン。また、19分にはコーナーキックからオタメンディがヘッドで決めた。

これを受けて、「本当に面白い試合だった。メスタージャのテンションも凄かったし、バレンシアはサポーターと一丸となっていた」「とにかくバレンシアが素晴らしかった」「優勝争いが楽しみになってきた」「バレンシアには去年のアトレティコのように2強に割って入ってほしい!」と、ファンもバレンシアの戦いぶりを称賛。

バレンシアはリーガで現在4位と好調を維持。レアルとバルセロナの2強、また、昨年優勝したアトレティコに次いでチャンピオンズリーグ出場圏内の好位置につけている。2000年代初めには2年連続でチャンピオンズリーグ決勝に進出したほか、リーガで優勝するなど欧州でも強豪として君臨してきたバレンシア。ここ数年は財政難もあって低迷していたが今季は勢いが違う。

バレンシアがこの調子を維持できれば、リーガの上位争いはますます面白くなってくる。
《浜田哲男》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top