【ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム14】最大の特徴はさいたまスーパーアリーナ内を通過するコース設定 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム14】最大の特徴はさいたまスーパーアリーナ内を通過するコース設定

スポーツ 短信
さいたまアリーナ内(ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム14)
  • さいたまアリーナ内(ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム14)
  • さいたまアリーナ内(ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム14)
  • さいたまアリーナ内(ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム14)
  • さいたまアリーナ内(ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム14)
  • さいたまアリーナ入り口(ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム14)
  • さいたまアリーナ内(ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム14)
  • さいたまアリーナ内のソフトマットはこんな漢字(ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム14)
  • さいたまアリーナ内(ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム14)
10月25日にさいたま市で開催される2014ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム。JRさいたま新都心駅周辺の道路を閉鎖して、1周約3.1kmの特設周回コースを利用して行われる。

今大会のコース設定最大の特徴はさいたまスーパーアリーナ内を通過すること。その距離およそ160m、幅5.5mで路面はソフトマットが敷かれているため若干柔らかい。歩くだけでも柔らかさを靴底に感じた。

J SPORTSの解説でおなじみの栗村修さんは、選手たちがさいたまスーパーアリーナ内を走ることに「戸惑うかもしれないが、今回走るのは世界トップクラスの選手たち。今年のツール・ド・フランスは石畳(パベ)というとんでもないところをを走っており、それと比較すると難易度は優しい。それよりも屋内を走り抜けるということに彼らは興奮するというか、多くの人の前で走ることにプロ選手としての喜びを感じると思う」と答えてくれた。

2013年の初開催は天候の悪い中で観客20万人。今回は秋晴れの絶好のレース日和だ。きっと昨年を上回る大観衆がさいたまを駆け抜ける選手たちに声援を送るだろう。
《五味渕秀行》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top