【MLB】オリオールズがタイガースに大勝…地区王者同士の対決が開幕 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【MLB】オリオールズがタイガースに大勝…地区王者同士の対決が開幕

スポーツ 短信
マックス・シャーザー(2014年10月2日)(c)Getty Images
  • マックス・シャーザー(2014年10月2日)(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
アメリカン・リーグ地区シリーズは日本時間の10月3日、ボルティモア・オリオールズとデトロイト・タイガースが対戦した。

タイガースはサイ・ヤング賞投手を3人揃えた万全の先発投手陣が話題になっており、この試合も2013年のサイ・ヤング賞投手、マックス・シャーザーが先発した。ところがシャーザーは1回に2点、2回に1点と立ち上がり続けて点を失ってしまう。

3、4、5、6回は立ち直り無失点。1点差のまま味方の反撃を待っていたが、7回の裏にハーディからソロホームランを浴び4点目を失ってしまう。

タイガースも8回にミゲル・カブレラのソロホームランで再び1点差に詰め寄る。しかし大誤算はその裏の守備に待っていた。

5点目を奪われたシャーザーが7回1/3を投げ、7安打5失点で降板する。マウンドを託されたのは中継ぎのチェンバレン。しかし1アウトも取れずシャーザーが残したランナーを還されてしまい、1安打2失点で降板。

その後も2人のピッチャーをマウンドへ送るがソリアーは3安打4失点、コークも1安打1失点と、この回だけで8点を失う。

試合はこのまま12対3でオリオールズが大勝した。

豪華な先発投手陣に比べリリーフ陣が不安。シーズン中から言われてきたスター軍団タイガースの弱点が、ここにきて勝敗を大きく分けてしまった。

2戦目の先発はオリオールズが2011年まで中日ドラゴンズに在籍していたチェン・ウェイン投手、タイガースは2011年のサイ・ヤング賞ジャスティン・バーランダー投手。日本球界とも縁のある投手が大一番での先発、それも相手がバーランダーとあり注目するファンは多い。

「2戦目の先発はバーランダーとチェン!!たまらん!!」
「チェンも応援したいけどタイガースにも勝ってほしい…」
「バーランダーと投げ合うんか…チェン凄いな…カムバック…」

今シーズン開幕から不調だったバーランダーだが、終盤には徐々に本来の力を取り戻してきており、熱い投げ合いが期待される。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top