2年前の敗戦から成長の錦織圭「強さを増したことは事実」と期待の声 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

2年前の敗戦から成長の錦織圭「強さを増したことは事実」と期待の声

スポーツ 選手

9月24日、テニスのマレーシア・オープンにて錦織圭はラジーブ・ラム(米国)に圧勝し、準々決勝に進むことになった。

2年間前にラムとの対戦で敗れた苦い経験があるが、今の錦織にとっては難しい試合ではなかったようだ。

錦織は「いい試合ができた。優勝を目指して頑張りたい」と自信溢れるコメントも聞けた。

錦織は次の準々決勝で、添田豪が敗れたマトセビッチとの対決となる。

ネット上では

「ランクがATP250シリーズの大会だが、第1シードなのはすごい」
「相手からすると2年で大きな差を広げられた感じか」
「全米の結果は更に強さを増したことは事実」
「先のチリッチ戦で速いテニスを経験した結果だな。いい感じ」

など期待の声が多数だ。
《》

編集部おすすめの記事

page top