酸味とグラニュー糖の甘さが復刻『三ツ矢レモラ』 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

酸味とグラニュー糖の甘さが復刻『三ツ矢レモラ』

新着 飲食

三ツ矢レモラ
  • 三ツ矢レモラ
アサヒ飲料は、1967年(昭和42年)から1979年(昭和54年)まで発売されていた『三ツ矢レモラ』の味わいを復刻した『三ツ矢レモラ PET350ml』を、9月30日(火)よりサークルK・サンクスにて発売する。

『三ツ矢レモラ』は、1923年(大正12年)、『三ツ矢印平野水』・『三ツ矢シャンペンサイダー』に続く「三ツ矢」ブランドのラインアップ商品として登場。初代『三ツ矢レモラ』ではレモンとオレンジのフレーバーを使用。

その後、1967年(昭和42年)、外国産炭酸飲料が拡大する中、「三ツ矢サイダー」ブランドのラインアップ強化を目的に発売されたのが2代目『三ツ矢レモラ』。フレーバーをレモンとライムの組み合わせに変更、『三ツ矢サイダー』よりやや強い酸味とグラニュー糖のやわらかな甘さが調和した味わいが特長。「はじめてのKISSみたい」をキャッチフレーズに「ニュータイプのクールドリンク」として発売されたもの。
《》

編集部おすすめの記事

page top