中村紀洋が球団に自由契約を申し入れ…ファンは「FAだとどこも取ってくれないと分かってる」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

中村紀洋が球団に自由契約を申し入れ…ファンは「FAだとどこも取ってくれないと分かってる」

スポーツ 選手

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
3度目のFA権行使による現役続行の意思を報じられていた中村紀洋が、球団に自由契約を申し入れたことが分かった。

中村は高田繁GMと話し合いの機会を持ち、FA権行使の意思確認をされた際「人的補償で他球団に迷惑が掛かる」とし、来季の戦力構想にない場合は自由契約を希望したという。

現行のFA制度では旧所属チームの日本人を年俸順に並べ、上位の選手を獲得する場合には補償をつける必要がある。中村紀洋の今季年俸は推定5000万円。これはBランクに相当し人的と金銭、あるいは全額金銭での補償が必要とされる。

補償がネックとなり、FA権を行使しても獲得に乗り出す球団がないのではと見られていた。

2000本安打、400本塁打を達成した一流選手の動向に、ファンも注目している。

「ノリさん自由契約申し入れたのか]
「コーチ兼任で阪神に来て欲しいけど阪神とノリの経緯がなぁ」
「ノリさん3度目のFAやめて自由契約にしたんか」
「流石にノリさんもFAだとどこも取ってくれないと分かってるな」
「周りは態度とかいろいろ言うけど、個人的にはそういうの含めて中村紀洋ってブランドだし、若手にはないロマンだと思ってるから含めて応援してる」

自由契約のまま獲得に乗り出す球団がなければ、引退試合もなく希代のホームランバッターはユニフォームを脱ぐことになる。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top