スポーツ中の脳に対する衝撃度をはかる、小型クリップタイプセンサー | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

スポーツ中の脳に対する衝撃度をはかる、小型クリップタイプセンサー

ウェアラブル ビジネス

スポーツ中の脳に対する衝撃度をはかる、小型クリップタイプセンサー
  • スポーツ中の脳に対する衝撃度をはかる、小型クリップタイプセンサー
  • スポーツ中の脳に対する衝撃度をはかる、小型クリップタイプセンサー
  • スポーツ中の脳に対する衝撃度をはかる、小型クリップタイプセンサー
アメリカ発、ベン・ハーバーティンが開発した脳に与えられた衝撃を計測するセンサー、ジョルトセンサーがクラウドファウンディングのキックスターターに登場した。

スポーツ中の脳に対する衝撃は、大きな事故につながりやすいもの。衝撃を受けたとき、その場ではわからなくても、後になってさまざまな症状が出たりするものである。

ジョルトセンサーはシリコンで覆われたクリップタイプのセンサー、スポーツ中の脳に対する衝撃を計測、評価し、即座に登録された連絡先に送信。

選手のコーチや両親はそのデータをスマホで受信することができる。
これによって、選手自身が気づいていない脳に対する衝撃をコーチが知ることができるようになり、
また、重大な障がいになりうるときは途中でスポーツを中止することができるようになる。
《》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top