メガネ型ウェアラブルでマラソンランナーに情報配信…実証実験をスタート | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

メガネ型ウェアラブルでマラソンランナーに情報配信…実証実験をスタート

ウェアラブル ビジネス

動画キャプチャ
  • 動画キャプチャ
  • 動画キャプチャ
ACCESSは、ケイ・オプティコムと共同で、マラソン走行関連情報や応援メッセージ、コース沿道周辺の観光情報を、マラソンランナーが装着するメガネ型ウェアラブル端末に向けて自動的に配信するアプリケーション「グラッソン」を開発したことを発表した。

2014年10月26日に開催される「大阪マラソン2014」において、テストランナーが新発売のSONY製メガネ型端末SmartEyeglassを装着してフルマラソンを走破する実証実験を実施する。

両社は「グラッソン」により、競技者だけでなく観戦者も今まで以上にスポーツを楽しむことができ、記録を伸ばす手助けになると考えているという。また競技者と観戦者をつなぐコミュニケーションツールとして活用することにより、両者の心理的な距離を縮めることができるとしている。

ACCESSは、スマートフォンアプリケーション、クラウド、センサー技術を用いて、ゴルフスイングを解析する3Dスイングセンサー「Fullmiere(フルミエル)」といったウェアラブル端末を市場投入し、スポーツとICTの融合を推進してきた。ケイ・オプティコムとの協業では、ACCESSのBeacon対応位置連動型コンテンツ配信ソリューション「ACCESS Beacon Framework(ABF)」を活用した位置情報に連動したコース沿道周辺情報、走行関連情報や応援メッセージを展開する。

ACCESSは本実験を通じて、Beaconを用いたウェアラブル端末への位置情報連動型サービスのユーザーからの声や、Beaconの電波頻度・強度・設置間隔などのデータを今後のサービスへ生かしていく。

実験で得た知見を基に、スポーツとICTの融合をさらに推し進め、ケイ・オプティコムをはじめ、事業者の革新的なサービスの実現を支援する。

《編集部》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top