iPhone 6/6 Plus、2サイズの人気拮抗、購入意向キャリアはauがトップ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

iPhone 6/6 Plus、2サイズの人気拮抗、購入意向キャリアはauがトップ

新着 ビジネス

iPhone 6/6 Plusを購入したいと思いますか?(n=1800)
  • iPhone 6/6 Plusを購入したいと思いますか?(n=1800)
  • iPhone 6/6 Plusを購入する場合、どのような形態で購入したいですか。(n=1800)
  • iPhone 6/6 Plus向けの料金プランはどのキャリアの料金プランが魅力的ですか?(n=1800)
  • iPhone 6/6 Plusを購入するとした場合、どのキャリアで契約しますか(n=1800)
  • 各社のMNP(キャリア乗り換え)料金はどのキャリアのものが最も魅力的ですか?(n=1800)
 イードは18日、ドコモ、au、ソフトバンクから19日に発売される「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」について、スマートフォンユーザー1800人を対象として実施した「iPhone 6/6 Plus購入意向調査」の結果を発表した。

 iPhone 6/6 Plusについての購入意向を聞いたところ、「購入したい」または「やや購入したい」と回答した人が45.4%となった。「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」のどちらが欲しいかという問いでは、「iPhone 6」が40.2%、「iPhone 6 Plus」が40.7%となり、人気はほぼ拮抗していることがわかった。

 購入したい契約の形態については機種変更が最も多く49.3%。MNPは11.0%、新規が1.2%、決めていないという人も38.4%となった。

 購入する場合、どのキャリアで契約するかについては、auが最も多く39.4%、ソフトバンク31.8%、ドコモ28.7%という結果に。キャリア選択の際に重視することについては、「料金プランの違い」と回答したのが73.8%、「対応するネットワークの違い」が71.0%となった。

 料金プランが魅力的なキャリアは、auが最も高く42.5%、ソフトバンクが37.7%、ドコモが19.8%となった。通話定額の新プランが注目される中、既存プランを残したauとソフトバンクがドコモに差をつける形となった。

 ネットワークについて、iPhone 6/6 Plusが対応するキャリアアグリゲーションやTD-LTEがキャリア選択に影響するか聞いたところ、「影響する」が17.8%、「やや影響する」が35.4%となり、半数以上の人が影響すると回答。魅力的なキャリアは、1位がauで59.4%、2位はソフトバンクで22.7%、3位はドコモで17.9%となった。ネットワークで重視する点については、「使えるエリアの広さ・圏外の少なさ」が41.3%で最も多く、次いで「LTEのつながる場所の多さ」が34.7%、「バッテリーへの影響が少ない事」の34.7%と続いた。

 キャリア選択の理由は、auでは「月々の利用料金・料金プランが魅力的だから」(35.4%)、「通信エリアが広いから・つながりやすいから」(27.5%)が上位。費用およびネットワーク面、双方の魅力がキャリア選択の理由となっているようだ。

 調査は、iPhone 6/6 Plus予約開始後の9月16日から17日にかけて、インターネット調査で実施。各キャリアのiPhoneユーザーとAndroidスマートフォンユーザーをそれぞれ300サンプルずつ合計1800サンプルを回収した。

iPhone 6/6 Plus、2サイズの人気拮抗……購入意向キャリアはauがトップ

《RBB TODAY@RBBTODAY》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top