宮澤崇史がアジア競技大会に意欲 「前回2位で悔しい思いをした」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

宮澤崇史がアジア競技大会に意欲 「前回2位で悔しい思いをした」

スポーツ 短信

 中国の広州で開催されている第16回アジア競技大会は11月22日、ロード競技の男子個人ロード(距離180km)が行われ、宮澤崇史(32=チームNIPPO)がトップと同タイムの2位、鈴木真理(35=シマノレーシング)が同タイムの12位に入った。優勝はホンコン・チャイナの黄金
  •  中国の広州で開催されている第16回アジア競技大会は11月22日、ロード競技の男子個人ロード(距離180km)が行われ、宮澤崇史(32=チームNIPPO)がトップと同タイムの2位、鈴木真理(35=シマノレーシング)が同タイムの12位に入った。優勝はホンコン・チャイナの黄金
ビーニファンティーニNIPPOデローザの宮澤崇史がアジア競技大会(2014/仁川)への意気込みをチームを通じて発信した。男子ロードレースは9月28日に韓国の仁川(インチョン)で行われ、日本男子は宮澤と別府史之が出場。

「アジア競技大会は4年に1度の大きな大会。 前回は2位と悔しい思いでレースを終えたので、今年はぜひ勝利を手に入れられるように走りたい」と宮澤。

「1国2選手と少ない人数でレースを組み立てなければいけないが、それは他の国も一緒。 積極的な動きでチャンスを作っていきたい」
《編集部》

編集部おすすめの記事

page top