ツール・ド・北海道制覇を最後の30mで失ったビーニファンティーニ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ツール・ド・北海道制覇を最後の30mで失ったビーニファンティーニ

ビーニファンティーニNIPPOデローザのアレッサンドロ・マラグーティ(イタリア)がツール・ド・北海道で個人総合2位と山岳賞、チームは団体優勝を獲得した。

スポーツ 短信
山岳賞を獲得したアレッサンドロ・マラグーティ
  • 山岳賞を獲得したアレッサンドロ・マラグーティ
ビーニファンティーニNIPPOデローザのアレッサンドロ・マラグーティ(イタリア)がツール・ド・北海道で個人総合2位と山岳賞、チームは団体優勝を獲得した。

9月13日から開催された3日間のステージレース。第1ステージでマラグーティが3選手による逃げグループからのゴールスプリントを制してステージ優勝。個人総合成績でも首位に立ったが、第2ステージでは2秒差の2位に後退。

これは大門宏監督が「個人総合は最終日に持ち越されると予測していたので今日は死守するつもりはなかった。ただ大きく開かないことだけを注意した」と話すように、戦略的な意味合いから第2ステージではリーダージャージを守る走りにはこだわらなかったためだ。

逆に逃げ集団に乗っていたリカルド・スタキォッティ(イタリア)のゴールスプリントに勝負を託した形だったが、スタキォッティはゴールスプリントで脚がつってしまい、4位という結果に。

個人総合成績の逆転優勝をめざして挑んだ第3ステージでは、中盤になって6秒差の総合3位につける選手を含む18選手の逃げが決まる。結果的に6名まで絞りこまれたが、リーダーチームであるオーストラリアのバジェットフォークリフトとともに、チームは集団をコントロール。ラスト10kmになって、集団は逃げグループの吸収に成功した。

ゴール直前に登りがあり、ピエールパオロ・デネグリ(イタリア)がもっとも得意とするコースだということを、試走でチームは知っていた。そのため総合順位を逆転させようと、ここでデネグリがマラグーティを牽引する形で先行。ワンツーフィニッシュ、最低でもマラグーティをボーナスタイム圏内の3位でゴールさせることがチームの作戦だった。

作戦どおりにレースを展開させることができ、ゴール前の登りでデネグリが加速し、マラグーティが追走した。しかし、ここでデネグリの後輪とマラグーティの前輪が接触し、2選手は減速。そのままの勢いでデネグリは2着でゴールしたが、マラグーティは前輪を大きく破損させ16位。「最後の50mで勝利を確信し、30mで全てを失ってしまった。ここまでお膳立てしてくれたチームメイトにも申し訳が立たない」と失意のゴールとなった。

個人総合優勝はかなわなかったが、チーム一丸となった力走によりマラグーティの個人総合2位と山岳賞、そしてチーム総合1位という結果を残した。悔しい結果のなかで、素晴らしい総合力で大会を制したオーストラリアのバジェットフォークリフトの走りからもチームは学ぶことが多かった。2013年まで鹿屋体育大のエースとして走っていた黒枝士揮と山本元喜にとっても、アシスト選手という立場でありながらも、ワンランク上の経験ができたとチームは評価している。
《編集部》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top