【MLB】オリオールズ、ナショナルズが地区優勝、日本人選手情報 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【MLB】オリオールズ、ナショナルズが地区優勝、日本人選手情報

スポーツ 短信

川崎宗則(2014年9月16日、参考画像)(c)Getty Images
  • 川崎宗則(2014年9月16日、参考画像)(c)Getty Images
  • 川崎宗則(2014年9月16日、参考画像)(c)Getty Images
アメリカンリーグ
ボルティモア・オリオールズはブルージェイズ相手に快勝、優勝を勝ち取った。オリオールズが地区優勝するのは17年ぶり。

オリオールズーブルージェイズ 8ー2
レイズーヤンキース  6ー1
アストロズーインディアンズ 2ー4
ロイヤルズーWソックス  5ー7
ツインズータイガース 4ー3
エンゼルスーマリナーズ 2ー13
アスレティックスーレンジャーズ 3ー6

ナショナルリーグ
東地区首位ナショナルズは同地区2位ブレーブスとの直接対決をくだし、2年ぶりの地区優勝。

メッツーマーリンズ 9ー1
ブレーブスーナショナルズ 0ー3
カブスーレッズ 7ー0
カージナルスーブリュワーズ 2ー3
ロッキーズードジャース 10ー4
Dバックスージャイアンツ 1ー2
パドレスーフィリーズ 5ー4

インターリーグ
パイレーツーRソックス 4ー0

日本人選手の活躍
イチロー 7番ライト先発出場、4打数1安打で先制のタイムリーを放つ。
青木宣親 2番DHで出場、5打数4安打
川崎宗則 7番セカンドで先発出場、1打数1四球1盗塁あげる活躍。試合途中に代打を送られている。
《上水流晋》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top