気温が下がると食べたい…この冬作ってみたい鍋は?「塩レモン鍋」にも注目 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

気温が下がると食べたい…この冬作ってみたい鍋は?「塩レモン鍋」にも注目

新着 飲食
気温が下がると食べたい…この冬作ってみたい鍋は?「塩レモン鍋」にも注目
  • 気温が下がると食べたい…この冬作ってみたい鍋は?「塩レモン鍋」にも注目
  • 気温が下がると食べたい…この冬作ってみたい鍋は?「塩レモン鍋」にも注目
  • 気温が下がると食べたい…この冬作ってみたい鍋は?「塩レモン鍋」にも注目
  • 気温が下がると食べたい…この冬作ってみたい鍋は?「塩レモン鍋」にも注目
  • 気温が下がると食べたい…この冬作ってみたい鍋は?「塩レモン鍋」にも注目
クックパッドは、8月26日(火)~9月1日(月)の期間において、クックパッドユーザー3064名(女性2771名、男性293名)を対象に、鍋に関するアンケートを実施した。

冬に家庭で鍋を食べる頻度を聞いたところ、1人あたり月に平均5回、週に換算すると平均1回以上鍋を食べていることが分かった。また、鍋のレパートリーは1人あたり平均4.5種類となり、8種類以上との回答も全体の約1割を占めた。レパートリーが豊富な人ほど鍋が食卓に登場する頻度が高い傾向があり、寄せ鍋といった定番から、新たに定番となりつつある豆乳鍋や餃子鍋、カレー鍋といった様々な味で楽しんでいることがわかった。

どのようなときに鍋を作りたいかについて聞いたところ、「寒いとき」に次いで「野菜をたくさん食べたいとき」との回答が第2位となった。「料理の手間を省きたい」「献立が思いつかない」といった料理の効率面だけでなく、健康志向の高まりによる野菜摂取の需要が、鍋人気の背景にある模様だ。

今年特に作ってみたい、注目の鍋について聞いたところ、春からブームとなっている万能調味料「塩レモン」を使う鍋が第1位となった。肉が柔らかくなる、魚の生臭さがなくなる、さわやかな味わいに加えてコクも出るといった「塩レモン」の特徴から、鍋にも活用が広がりそうだ。レモンの旬が10月であることから、鍋に限らず「塩レモン」活用レシピにますます注目が集まりそうだ。
《》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top