【ブエルタ・ア・エスパーニャ14】大記録目前にグランツール2勝目を挙げたハンセン「ジロのステージ優勝よりも見ごたえがあったね」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ブエルタ・ア・エスパーニャ14】大記録目前にグランツール2勝目を挙げたハンセン「ジロのステージ優勝よりも見ごたえがあったね」

スポーツ 短信

ブエルタ・ア・エスパーニャ第19ステージ
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ第19ステージ
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ第19ステージ
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ第19ステージ
2014年ブエルタ・ア・エスパーニャ、9月12日の第19ステージはステージ優勝を狙うアタッカーたちにとって最後のチャンス。そのチャンスをものにしたのがアダム・ハンセン(ロット・ベリソル)だった。

2011年ブエルタから2014年ツール・ド・フランスまで、9戦連続グランツール完走中の鉄人ハンセン。10戦連続完走の大記録まであと3ステージと迫ったこの日、残り5kmの小さな上り坂でアタックを決め、2013年ジロ・デ・イタリアに続くグランツール2度目のステージ優勝を飾った。

チームを通じ、ハンセンは次のように語っている。

「(チームメイトの)グレッグ・ヘンダーソンにこれは僕のステージだと話していたんだ。2級山岳の後は、他チームのリードアウトマンがあまり残っていなかったから、僕がアタックしたら捕まえるのは難しいだろうと考えた。マキシム・モンフォールと一緒に先頭集団で下ったときに、彼がアタックしろと言った。みんな限界に見えたから、アタックするタイミングだと思った。それで、差が開いたんだ」

「大満足だよ。僕はジロでステージ優勝しているし、ブエルタのステージをコレクションに加えるのは最高だね。この勝利はすごく特別だ。勝ち方もよかったね。今回は最後にアタックした。ジロのステージ優勝のときとは違うし、こっちの方が見ごたえがあったね」
《》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top