70代の4割が「老人は80代から」…敬老の日調査 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

70代の4割が「老人は80代から」…敬老の日調査

ライフ 社会

70代の4割が「老人は80代から」…敬老の日調査
  • 70代の4割が「老人は80代から」…敬老の日調査
  • 70代の4割が「老人は80代から」…敬老の日調査
  • 70代の4割が「老人は80代から」…敬老の日調査
シニア向け宿泊予約サービスを提供するゆこゆこは、当社運営の宿泊予約サイト「ゆこゆこネット」の50代以上のメールマガジン会員1,695人を対象に、「敬老の日」に関する調査を実施した。

「年をとった」と実感する瞬間について聞いたところ、男性の1位は「字が見えないとき」57.3%、女性の1位は「鏡で顔を見たとき」66.4%でした。男性は“老眼”、女性は“肌の衰え”によって、最も年齢を実感するようだ。

他人を見て「年をとった」と思うのはどんなときか聞いたところ、男性の1位は「髪が薄くなったとき」61.8%、女性の1位は「目じりや口元など顔のしわやシミを見たとき」69.1%。女性は自分自身と同様、他人の“肌”の変化に対しても敏感であるようだ。

何歳から「老人」だと思うかを聞いたところ、全体では「70歳」という回答が61.0%と最多。男女別にみると、女性の方が「老人」をより上の年齢を指す呼び方と捉えていた。

また、年代別でみると、70代以上のうち40%近くが「80歳」以上を老人だと思うと回答しており、70歳を超えても「自分はまだ老人ではない」と考える人が多いことがわかった。

何歳から「老人」だと思うかを聞いたところ、全体では「70歳」という回答が61.0%と最多でした。男女別にみると、女性の方が「老人」をより上の年齢を指す呼び方と捉えていた。また、年代別でみると、70代以上のうち40%近くが「80歳」以上を老人だと思うと回答しており、70歳を超えても「自分はまだ老人ではない」と考える人が多いことがわかった。
《》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top