価格がどんどん下がって行くオークションの心理 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

価格がどんどん下がって行くオークションの心理

エンタメ 話題

価格がどんどん下がって行くオークションの心理
  • 価格がどんどん下がって行くオークションの心理
  • 価格がどんどん下がって行くオークションの心理
オークションサイト「モバオク」は、価格が上がっていく通常のオークションとは反対に、価格が下がっていく新感覚のオークションサービス「Drop Shop(ドロップショップ)」の提供を、9月8日(月)より開始した。

「Drop Shop(ドロップショップ)」は、はじめに設定された価格から、時間とともに下がっていくダッチオークション方式を採用。10分という短い制限時間の中で、希望価格のタイミングで「Freeze(フリーズ)」ボタンを押して価格を確認し、「Drop(ドロップ)」ボタンを押すと購入(落札)できる仕組み。同時に参加している他のユーザ数を画面上で確認することができ、一番早く「Drop」したユーザだけが購入できる。

価格が下がっていくことで「待てばまだ安くなるのでは」という期待と、「誰かに先に買われてしまうかもしれない」という双方の心理が働き、短時間でスリリングな楽しさが味わえる新感覚のオークションサービスとしている。

出品アイテムは家電、ブランド品、コスメ、ゲーム、コミックセット、Blu-rayセット、時計、スポーツ用品、インテリアなど様々なジャンルから独自にオススメのものをセレクトし、いずれも新品送料込みで、毎月180点以上の展開を予定している。
《》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top