剛力彩芽、新曲MVはテニスラケットで“ラケットダンス” | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

剛力彩芽、新曲MVはテニスラケットで“ラケットダンス”

エンタメ 芸能

最新MVではテニスラケットを使った“ラケットダンス”を披露している剛力彩芽
  • 最新MVではテニスラケットを使った“ラケットダンス”を披露している剛力彩芽
  • 「くやしいけど大事な人」MVのカット
  • 「くやしいけど大事な人」MVのカット
  • 「くやしいけど大事な人」MVのカット
 歌手としても活躍する女優の剛力彩芽が10月29日にリリースする3枚目のシングル「くやしいけど大事な人」のミュージックビデオが4日、GyaO!で公開された。剛力は今回、テニスラケットを使ったダンスを披露している。

 デビューシングル「友達より大事な人」では、腕をグルグルと回す“プロペラダンス”、そしてセカンドシングル「あなたの100の嫌いなところ」では、吠えるタイガーをイメージした“ガオガオダンス”と、これまで公開されたMVでは、ユニークかつ印象的なダンスが話題となった剛力。注目の今作では、“テニス”がテーマになっている歌詞にあわせて、テニスラケットを持った剛力が登場。スマッシュしたり、フォアファンドやバックハンドと、“ラケットダンス”を披露している。

 また、今回も得意のHIPHOPダンスを披露している剛力だが、「新しいダンスジャンルにも挑戦したい!」という本人の意向により、落ちサビ前の間奏では、60~70年代にディスコミュージックで流行した“Waack(ワック)”というダンスにも挑戦している。
《花@RBBTODAY》

編集部おすすめの記事

page top