ノルディック・クーリエ創刊、北欧スタイルを本場から提案 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ノルディック・クーリエ創刊、北欧スタイルを本場から提案

エンタメ 出版・映像
ムーミンアイテムも期間限定で販売
  • ムーミンアイテムも期間限定で販売
  • タブレットマガジン「ノルディック・クーリエ」は年6回配信される
  • スウェーデンの陶芸作家リサ・ラーソンの作品
  • 日本初紹介となるカイ・ボイスンの「ペア・ラブバード」
  • 北欧らしい色鮮やかな皿やランチョンマット
  • デンマークのカイ・ボイスンの木製工芸品
  • デンマーク生まれのデザイナー、アンヌ・ブラックが手がけるアクセサリー
  • アンヌ・ブラックはアクセサリーのほか、食器も手がける
北欧有数のメディアグループ「アラー メディア デンマーク(Aller Media Denmark)」は6月25日、北欧の最新ライフスタイルを紹介するタブレット向けマガジン「ノルディック・クーリエ(The Nordic Courier)」を日本で新たに創刊した。これを記念し、伊勢丹新宿店本館5階センターパーク/ザ・ステージ#5で、北欧雑貨を販売するポップアップストアを開設している。7月15日まで。

ノルディック・クーリエは、北欧の最新トレンド情報を掲載するライフスタイルガイド。デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、アイスランド、フィンランドで話題の住まい、デザイン、グルメ、文化、旅行、建築などの情報を発信する。創刊号は1ヶ月限定で東京への出店が決まった、世界のベストレストランに選ばれたデンマークの「ノーマ(NOMA)」メインシェフ、レネ・レゼピの独占インタヴューが収録。年6回の発行で販売価格は1,200円、創刊号は特別価格700円、iTunesストアで購入できる。

伊勢丹新宿店ポップアップストアでは、「Nordic Hybrid Style ―北欧デザイン今昔 CLASSIC & NOW!―」と題し、北欧の伝統雑貨から近年活躍するアーティスト作品までを紹介する。

1960年代からフリーで活躍するスウェーデン生まれの陶芸家、リサ・ラーソン(Lisa Larson)の作品は、素朴で温かみのある表情豊かなフィギュアが特徴。会場では猫や犬の置物が販売されている。1930年代からデンマークで木製工芸品やカトラリーを手掛けるブランド「カイ・ボイスン(Kay Bojesen)」からは、日本初紹介となる木製の鳥、ペア・ラブバード(1万4,000円)を紹介、仲睦まじい2羽の鳥は結婚式や夫婦やカップルの記念日など、“おしどり夫婦”のためのギフト向け。その他、フィンランドの作家トーベ・ヤンソンのムーミンシリーズの雑貨も期間限定で販売している。

売り場担当者は「北欧雑貨は見ているだけで楽しい気分にさせてくれる。何げない日常生活に楽しさを取り入れられると思う。温もりのある木製工芸品やカラフルなアイテムでハッピーになって欲しい」とコメントする。

北欧発マガジン「ノルディック・クーリエ」創刊。伊勢丹で記念イベント

《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top