【ツール・ド・東北14】道端カレン、220km走破目指す…広報大使に就任 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ツール・ド・東北14】道端カレン、220km走破目指す…広報大使に就任

イベント ツアー
道端カレンさん
  • 道端カレンさん
  • ツール・ド・東北14発表会
  • ツール・ド・東北14発表会
  • ツール・ド・東北14発表会
  • ツール・ド・東北14発表会
  • ツール・ド・東北14発表会
  • ツール・ド・東北14発表会
  • ツール・ド・東北14発表会
6月10日、モデルの道端カレンさんが、「ツール・ド・東北 2014」の”広報大使”に就任、就任発表会にサイクルジャージに短パン姿で登場し、美脚を披露した。

道端さんは「東北の魅力であったり、復興の様子を東北の皆さんの気持ちとともに発信していきたい。大会当日は220kmの距離に挑戦し、フカヒレを食べに気仙沼まで行きたいと思っています」と、意気込みを語った。

9月14日に開催される「ツール・ド・東北 2014」は、東日本大震災の復興支援と震災の記憶を未来に残していくことを目的に、宮城県三陸沿岸の2市2町(石巻市、女川町、南三陸町、気仙沼市)を舞台として開催される自転車イベント。"広報大使"に就任した道端さんに加えて、”東北応援大使”に、パラリンピック選手の佐藤真海さん、スポーツジャーナリストの中西哲生さんが就任し、東北の復興を一緒に応援していく。

就任発表会では、道端さん、中西さん、佐藤さんが参加するトークショーが行われ、昨年開催の様子が語られた。

普段からトライアスロンをやっているという道端さんは、昨年のイベントでは160kmを走破した。「160kmはきつかったですが、エイドステーションでは、漁師さんが作ってくださったたくさんのお料理が用意されていて、ボランティアのお母さんたちといろいろ会話をして、暖かい思いに触れられた」と感想を語った。

中西さんも「前回、60kmをだいたい2時間半で走りましたが、本当にきついんです。(道端さんが)160kmを走ったのは信じられない」と話し、加えて「(コースは)海と山のバランスがよくて景色が本当に美しい。大変な坂をのぼっていくとご褒美のように美しい海と風が待っていて、幸せでしたね」と印象を語った。

前回、60kmを走破した佐藤さんは「走る場所がほとんど被災地で、自分たちの自転車の目線で(被災地を)感じられたのは言葉で表現できない。そんな状況の中、エイドステーションの皆さんが笑顔で、応援するというより応援されている気持ちになりました」と感想を話した。

今回、公式サイトでは、気仙沼フォンド220km、南三陸フォンド170km、北上フォンド100km、女川・雄勝フォンド60km、4コースの参加受付が開始された。

先日、気仙沼までの片道110kmを試走をしたという道端さん、大会に向けて「最後まで元気にニコニコとゴールできるように、がんばりたいと思います。そして、地元の人たちと、一緒に参加されるサイクリストと交流しながら楽しみたい」と意気込みを示した。
《椿山和雄》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top