【自転車休息日】大人の食を深める、サントリーが完全予約制のバー | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【自転車休息日】大人の食を深める、サントリーが完全予約制のバー

イベント 文化

The PREMIUM BEER HILLS[PREMIUM BAR]
  • The PREMIUM BEER HILLS[PREMIUM BAR]
  • The PREMIUM BEER HILLS[PREMIUM BAR]
  • The PREMIUM BEER HILLS[PREMIUM BAR]
  • The PREMIUM BEER HILLS[PREMIUM BAR]
  • The PREMIUM BEER HILLS[PREMIUM BAR]
  • The PREMIUM BEER HILLS[PREMIUM BAR]
  • The PREMIUM BEER HILLS[PREMIUM BAR]
  • The PREMIUM BEER HILLS[PREMIUM BAR]
 5月20日から6月15日(一部企画は5月29日)の間、サントリーのビール「ザ・プレミアム・モルツ」のイベントが六本木ヒルズで開催中だ。期間中は六本木ヒルズの4ヵ所で、ザ・プレミアム・モルツをお手頃価格で飲むことができる、ビール好きにはたまらないイベントだ。

 このなかのメイン会場となる「ヒルズ カフェ/スペース」では、「The PREMIUM BEER HILLS[PREMIUM BAR]」と名付けられた期間限定バーを展開。ここではザ・プレミアム・モルツを、サントリーのビールを知るスタッフのレクチャーと共に楽しめる。今回はこちらのバーの様子をレポートする。


■ここでしか味わえないザ・プレミアム・モルツ

 The PREMIUM BEER HILLS[PREMIUM BAR]は完全予約制のバー。ひとり1000円で50分間、3種類のザ・プレミアム・モルツの楽しみ方を体験できるプログラムだ。店内に入ると12席が用意された広いバーカウンターに案内された。取材時は平日の早い時間だったが、店内は大勢のお客さんで賑わっていた。カウンターの中では白衣に身を包んだバーテンダーが働いているが、実は全員サントリーでメニュー開発や飲食店プロデュースをしている社員だと言う。しかもほとんどのスタッフは、前職でバーや飲食店で働いていた経歴を持っている。

 しばらく待っていると、ピルスナーグラスに注がれた1杯目のビール「TAKUMI」が出された。このビールは見た目こそ一般的な琥珀色のビールなのだが、飲んでみると明らかに普通のビールではない。実は当日の気温や湿度に応じてビールの温度を調節し、泡とビールを別々のサーバーから注いだ一杯だと言う。バーテンダーに美味さのヒミツを伺うと、「今日は少し肌寒いので、サーバーの温度も昨日とは違います。どうです? 飲みやすいでしょう?」と笑顔で答えた。

 筆者がごくごくビールを飲んでいると、このビールのために開発された「おつまみ」も運ばれてきた。TAKUMIのために作られたおつまみは「大多摩ハム、肩ロース、ドライトマト」。ビールにはカリウムが多く含まれているため、ビールを飲むとナトリウム(塩分)が欲しくなる。そのため、ビールのおつまみは塩分や酸味が強いものが好まれるそうだ。改めてハムを口に含んでからビールを飲むと、ビールがさらに美味く感じた。筆者はもうこの先50分間、ずっとこのTAKUMIを飲み続けるだけでいいと思った。

 バーテンダーの話を聞きながら時間を過ごしていると、2杯めの「AROMA」が運ばれた。こちらは12度と少々温度が高めのビールで、ワイングラスで提供される。容積の大きなワイングラスに高めの温度でビールを注ぐと、グラスのなかにビールの香りが充満する。グラスに鼻をつけると、甘い香りがして心地よい気分になれる。前言撤回、TAKUMIとAROMAを交互に飲み続けたい。

 バーテンダーの説明によると、このビールは女性のお客さんに好評だと言う。なかには「ビールがこんなに甘いとは知らなかった」と驚いてくれたお客さんもいたとか。そして、このビールに合うおつまみはミニトマト。トマトの下に砂糖と胡椒、クミンがついていて、一度に塩分と酸味、スパイスを味わえる。香り豊かなビールとトマトの酸味が実に合うメニューだ。

 そして3つめのビールは「MILK」。ビールなのにミルク? と首を傾げてしまうネーミングだが、運ばれたビールを見ると納得。なんとゴブレットグラスに注がれていたのは、まるでミルクのように真っ白な、ほとんど「泡」のビール。バーテンダーは「このまま飲まず、2分ほど待って、グラスの底に1センチくらいビールが現れてから飲んでください」と説明する。

 言われた通り、少々待ってからグラスに口をつけると、ビールとは思えない、なにか別の甘い香りがした。その理由をバーテンダーに伺うと、ビールの泡のひとつひとつには香りが閉じ込められいて、その泡が割れると麦のホップ本来の甘い香りが放出される。なのでMILKはグラスに泡をたくさん注いだため、多くの香りが楽しめるのだとか。筆者の好みではコレが一番だった。


■50分間がアッという間に感じられるプレモル体験、別の会場も!

 さまざまなザ・プレミアム・モルツの味を、スタッフの話を聞きながら楽しめるのは至福のひとときだった。スタッフは気さくで話しやすいので、時間が許せばプレモル以外のビールの話や、飲み方の相談も受けてくれる。料金は1000円。ビールが大好きな人はもちろん、普段なんとなくビールを飲んでいる人が訪れたら、ビールに対する考え方が変わるだろう。

 営業時間は平日が17時00分から、土休日は13時00分から。早めに現地に到着して予約することをオススメする。予約は当日のみで、予約開始は、平日が16時から、土休日が12時から。予約はすぐ埋まるそうだ。

 そして、[PREMIUM BAR]で飲んだ後は、別会場でゆっくり飲むのも楽しい。バーと併設される「CAFE」では屋内のテーブルで落ち着いてビールを楽しめるスペース。「GARDEN」はビアホールのようなスタイルで、大勢でワイワイとビールとおつまみを楽しめるオープンエリアの会場。そして六本木ヒルズの入り口付近にある「STAND」は、その名の通りスタンディングで、5月27日に発売予定の「ザ・プレミアム・モルツ<香るプレミアム>」を、1杯100円で試飲できる。あまり時間がないけど、ちょっと飲みたい人に最適だ。

こだわりのザ・プレミアム・モルツを体験する……期間限定レクチャー

《佐藤隆博@RBBTODAY》

編集部おすすめの記事

page top