【アキグリーンカップ14】MTBで山の楽しみ方が新しくなる。イオンバイクプレゼンツMTBツアー&クリニック | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【アキグリーンカップ14】MTBで山の楽しみ方が新しくなる。イオンバイクプレゼンツMTBツアー&クリニック

イベント ツアー

アキグリーンカップ14
  • アキグリーンカップ14
  • アキグリーンカップ14
  • アキグリーンカップ14
  • アキグリーンカップ14
  • アキグリーンカップ14
  • アキグリーンカップ14
  • アキグリーンカップ14
  • アキグリーンカップ14
アキグリーンカップ14は名前の通りレースイベントという印象が強いが、レースに参加しない方、またレース後に違う形で楽しみたいといった方に向けたコンテンツも用意されている。

その中のひとつがイオンバイクプレゼンツMTBツアー&クリニックであり、女子エリートライダーの小林可奈子選手、DH全日本チャンピオンの井手川直樹選手のMTBスクールの受講と、会場周辺のトレイルをツアーとして走ることが出来る。

筆者も4時間エンデューロの後に参加したが、キッズへのMTB普及とスクーリングに長けた小林選手の引率はただ走るだけではなく、要所で安全に配慮しながらキッズたちへライディングテクニックを惜しみなく教えているようすを学びとることができた。井手川選手のキッズへの対応は優しいお兄さんそのものであり、キッズだけではなく同行している保護者にもMTBの楽しさを教えてくれた。

ツアーでのコースは未舗装路を主体におよそ20kmの起伏のあるルートだったが、確かに短いコースではなく登りもふんだんにあり、苦労をした参加者もいたかもしれないが、レースを離れて気ままに走れる事と天気にも恵まれた富士見町から見る広大な景色は疲れも忘れさせてくれる。

参加した大半のキッズや保護者の方は普段からレースも走られていると思うが、各地でもMTBツアーが増え、登山とは違う山を楽しむ形が出来上がってきている。競技ではなくハイキングなどと並ぶ身近な運動としてのツアーの形に、MTB普及の可能性を感じる事が出来た。
《高橋智宏》

編集部おすすめの記事

page top