「美味しんぼ」問題で福島県に実害か……旅行団体客がキャンセルと地元メディア報道 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

「美味しんぼ」問題で福島県に実害か……旅行団体客がキャンセルと地元メディア報道

ライフ 社会

『美味しんぼ』(「ビッグコミックスピリッツ」公式サイトより)
  • 『美味しんぼ』(「ビッグコミックスピリッツ」公式サイトより)
  • 福島県双葉町(2014年3月10日) (c) Getty Images
 問題となっている人気漫画『美味しんぼ』の被ばく描写をめぐり、福島県内の温泉旅館などで宿泊のキャンセルが出ていると地元メディアが報じている。

 週刊誌「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)4月28日号に掲載された人気漫画『美味しんぼ』で、福島第1原発を見学した主人公らが鼻血を出すシーンが描かれことに端を発した同問題。さらに5月12月発売号でも、東日本大震災のがれきを受け入れた大阪市の住民が健康被害を訴えたとする内容が掲載され、物議をかもしている。

 福島県や大阪府は「風評被害を助長する」として抗議しているが、小学館側では登場人物たちの描写について放射線との因果関係を断定するものではないと釈明しており、双方間では問題解決には至っていない。

 そんな中、福島テレビの「FTVスーパーニュース」によると、県内の飯坂温泉にある旅館で数百名の団体客がキャンセルするなど、影響が広がっているという。風評被害ではなくすでに実害が出始めているようだ。
《花@RBBTODAY》

編集部おすすめの記事

page top