オーストリアams、電動バイクや電動アシスト自転車向けデータ収集フロントエンドICを発売 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

オーストリアams、電動バイクや電動アシスト自転車向けデータ収集フロントエンドICを発売

新着 技術

データ収集フロントエンドIC AS8510
  • データ収集フロントエンドIC AS8510
オーストリアの半導体メーカーamsは、電流検出用シャント抵抗不要の電池管理向けデータ収集フロントエンドIC『AS8510』を発売した。

プリント基板に実装したCu配線の電圧降下を利用して電流を検出することでシャント抵抗を不要にした。新発売のIC:AS8510を使えば、シャント抵抗に要する部品コストを削減できる。電動バイクや、電動アシスト自転車などの電池管理システム(BMS:battery management systems)に好適だという。

このIC:AS8510には、データ収集チャネルが2つ備えられている。一方のチャネルは電流測定に使う。長さが10mmのプリント基板上のCu配線がセンサーとして働く。

他方のチャネルはCu配線の温度測定用で、IC内部の温度センサー、もしくは外付けの温度センサーを利用する。

外付けマイコンとの接続に向けてSPIインターフェースが装備されている。車載半導体の品質規格「AEC-Q100」に準拠する。電源電圧は+3.3V単一で動作する。消費電流は、最大サンプリング周波数で動作している際に5mA。待機時の消費電流は40μA。

パッケージは20端子SSOP。動作温度範囲は-40~+125度。1000個購入時の米国での参考単価は6.99米ドルと公表されている。
《山内 博@レスポンス》

編集部おすすめの記事

page top