ファンとプロ野球OBで決める、魂あふれるプレー | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ファンとプロ野球OBで決める、魂あふれるプレー

エンタメ 芸能

山崎武司
  • 山崎武司
  • ジョージア魂賞“開幕”
  • ジョージア魂賞“開幕”
  • ジョージア魂賞“開幕”
  • アンジャッシュ渡部建
  • アンジャッシュ渡部建
  • ジョージア魂賞“開幕”
  • ジョージア魂賞“開幕”
 アンジャッシュの渡部建と、もとプロ野球選手の山崎武司(中日ドラゴンズ、東北楽天ゴールデンイーグルス)が21日、東京・渋谷で「2014年度 ジョージア魂賞 ファンミーティング」に登壇した。

 今シーズン開幕から4月10日までに行われたプロ野球のゲームの中から、2014年度の第1回「ジョージア魂賞」 ノミネート6プレーが発表され、それぞれの思いを語り合った。

 NPB承認の特別表彰として5年目を迎えるジョージア魂賞。今季からは、“ファン自身が元気づけられた、魂あふれるベストプレー”をwebサイト「ジョージア ベースボールパーク」にファンの言葉で投稿できるようになった。

 この投稿が多かったプレーを中心に、ファン代表のナビゲーターである渡部やプロ野球選手OB(山田久志、山崎武司、仁志敏久など)からなるゲストのもと、6つのノミネートプレーを選出。さらにその6プレーの中から、ファンが最も元気づけられたと思うベストプレーに投票し、その投票数により「ジョージア魂賞」が決定する。2週間ごとにプレーがノミネートされ、シーズン中全12回にわたって“魂あふれるベストプレー”が選出される。

 さらに今季からは、ファンもベストプレー投稿にも参加できるようになり、選手たちの「心揺さぶるプレーのベスト決め」がファンとプロ野球OBたちといっしょになって楽しめるようになった。同賞の第1回ノミネート6プレーは次のとおり。

■小谷野栄一(北海道日本ハムファイターズ)3月28日、対オリックス戦…熱戦に終止符を打ったサヨナラ安打
■則本昂大(東北楽天ゴールデンイーグルス)3月28日、対ライオンズ戦…エースへの階段を上がるプロ初完投勝利
■橋本到(読売ジャイアンツ)3月28日、対タイガース戦…開幕戦勝利を手繰り寄せた決勝二塁打
■西浦直亨(東京ヤクルトスワローズ)3月28日、対ベイスターズ戦…プロ野球史上初の一撃を放ったルーキー
■大和(阪神タイガース)3月29日、対ジャイアンツ戦…同点の危機を救ったセンターからの好返球
■金子千尋(オリックス・バファローズ)4月4日、対ライオンズ戦…4年ぶりの首位に導くエースの投球

 同イベントで山崎は、オリックスの金子千尋について「ケガの心配もあったが、やはりエース。開幕へ向けてしっかりまとめて、ゲームの形をつくった。彼はなんにつけてもいいボールを持っている。ストレート、シュート、フォーク、どれもいい。FA前なんで、やっぱり心構えが違うでしょう。やってくれそうです」と期待を込めた。

 また渡部は、「僕もファンのみなさんの投稿を随時チェックして、まめにコメントします。去年に比べて、みんなでベストプレーを決める楽しみが増えました」と話した。

 特別観戦プログラムが当たる企画も予定されているという「ジョージア ベースボールパーク」。同サイトでは、第1回ノミネートへの投票のほか、「元気つけられたベストプレー」の募集も行っている。

※山崎の「崎」は旁の上が「立」。
《大野雅人@RBBTODAY》

編集部おすすめの記事

page top