危険予測訓練アプリ「セーフティトレーナー」サービス開始 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

危険予測訓練アプリ「セーフティトレーナー」サービス開始

ウェアラブル 国内

インターリスク総研は、企業の顧客向けの危険予測訓練アプリ「セーフティトレーナー」を開発し、無償提供を開始した。
  • インターリスク総研は、企業の顧客向けの危険予測訓練アプリ「セーフティトレーナー」を開発し、無償提供を開始した。
インターリスク総研は、企業の顧客向けの危険予測訓練アプリ「セーフティトレーナー」を開発し、無償提供を開始した。

危険予測訓練アプリ「セーフティトレーナー」は、自動車事故や労災事故等の防止を目的としており、急速に普及が進むタブレット端末を活用することで、タッチパネルによる手軽かつ直観的な危険予測訓練を可能にした。

また、訓練の結果は自動的にサーバーに記録・保存され、従業員別のレポートとして出力できるため、企業の管理者による従業員の個別指導にも役立てることができるという。

《》

編集部おすすめの記事

page top