北イタリアで自転車を乗り尽くす“ラ・ピナ サイクリングマラソン”、日本からオフィシャルツアーも | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

北イタリアで自転車を乗り尽くす“ラ・ピナ サイクリングマラソン”、日本からオフィシャルツアーも

イベント ツアー
カワシマサイクルサプライの運営する『Rio Grande』にて、グランフォンドの本場イタリアでも屈指の人気を誇る“ラ・ピナ サイクリングマラソン”の実施告知が展開されている。

ピナレロの創業者ジョバンニ・ピナレロの75歳のバースデーを祝福して誕生したこの大会は、
  • カワシマサイクルサプライの運営する『Rio Grande』にて、グランフォンドの本場イタリアでも屈指の人気を誇る“ラ・ピナ サイクリングマラソン”の実施告知が展開されている。

ピナレロの創業者ジョバンニ・ピナレロの75歳のバースデーを祝福して誕生したこの大会は、
カワシマサイクルサプライの運営する『Rio Grande』にて、グランフォンドの本場イタリアでも屈指の人気を誇る“ラ・ピナ サイクリングマラソン”の実施告知が展開されている。

ピナレロの創業者ジョバンニ・ピナレロの75歳のバースデーを祝福して誕生したこの大会は、今年で18回目の開催。日本からは9回目となるオフィシャルツアーの催行が決定したという。

大会の舞台は、北イタリアの古都で、ピナレロの生まれ故郷・トレヴィーゾ。

コースはグランフォンド(距離約169km)、メディオフォンド(距離約118km)、グルメフォンド(距離約35km、地元のグルメを食べ歩くツーリング)の3コースを設定。

レース志向の本格派から、完走目的のエンジョイライダー、食べ歩きメインのビギナーまで、幅広いレベルの人が思い思いのペースで楽しむことができるのが特徴となっている。

日本からのツアーは、7月10日(木)~17日(木)の5泊8日、料金は31万8000円(2名1室利用時の1人分)。

《》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top