大阪市初の自転車レーン設置イベントが9月20日開催 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

大阪市初の自転車レーン設置イベントが9月20日開催

バックナンバー 過去ニュース

 大阪市では、歩行者と自転車の事故が急増していることに対応するため本町通の御堂筋、堺筋間約500mに市内初の「自転車レーン」を設置する。これにともない、9月20日に一般的に認知されていない自転車レーンの通行ルールや秋の交通安全運動の周知を目的に大阪府東警察
  •  大阪市では、歩行者と自転車の事故が急増していることに対応するため本町通の御堂筋、堺筋間約500mに市内初の「自転車レーン」を設置する。これにともない、9月20日に一般的に認知されていない自転車レーンの通行ルールや秋の交通安全運動の周知を目的に大阪府東警察
 大阪市では、歩行者と自転車の事故が急増していることに対応するため本町通の御堂筋、堺筋間約500mに市内初の「自転車レーン」を設置する。これにともない、9月20日に一般的に認知されていない自転車レーンの通行ルールや秋の交通安全運動の周知を目的に大阪府東警察署や民間団体などが合同でイベントを行う。

 イベントは全国で自転車の正しい交通ルールの認知とマナーアップ啓発活動を行う社団法人エシカル・サイクル・オーガニゼーションの協力のもと、サイクルベースあさひ、ジャイアントなどが連携。交通安全意識の向上を目的にパレードやステージイベントなど、さまざまな催しが行われる。
 自転車を有効かつ安全な交通手段として活用する取り組みを行う自転車活用推進研究会の小林成基理事と、自転車事故をテーマにした連載記事「銀輪の死角」を担当する毎日新聞記者の馬場直子氏によるトークショー「自転車レーンの大切さ」が行われる。
 オープニングセレモニーには大阪市の柏木陸照中央区長の他、自転車レーンを設置していくに向けて連携が必要となる大阪タクシーセンターの肥田正和常務理事、社団法人大阪府トラック協会の佐藤高司交通環境部長、大阪市会の有本純子会議員などが登壇する予定。(岡田由佳子)
《編集部》
page top