グランプリプルエイで新城幸也が落車して負傷 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

グランプリプルエイで新城幸也が落車して負傷

バックナンバー 過去ニュース

 グランプリプルエイ・ウエストフランスが9月1日にフランス西部で開催され、新城幸也(28=ヨーロッパカー)が参加した。終盤の下り坂を前から10番手ほど走っていた新城幸也がまさかの落車。路肩のくぼみに落ち、肩を強打した。さらに背中から右手にかけて擦過傷を負い
  •  グランプリプルエイ・ウエストフランスが9月1日にフランス西部で開催され、新城幸也(28=ヨーロッパカー)が参加した。終盤の下り坂を前から10番手ほど走っていた新城幸也がまさかの落車。路肩のくぼみに落ち、肩を強打した。さらに背中から右手にかけて擦過傷を負い
 グランプリプルエイ・ウエストフランスが9月1日にフランス西部で開催され、新城幸也(28=ヨーロッパカー)が参加した。終盤の下り坂を前から10番手ほど走っていた新城幸也がまさかの落車。路肩のくぼみに落ち、肩を強打した。さらに背中から右手にかけて擦過傷を負い、レースをリタイアした。

 ツール・ド・リムザンを終えて1週間、コンディションを調整し万全の体調で臨んだレースは、1周27kmというアップダウンのあるコースを9周する。
 スタート直後、チームメイトを含む4選手の逃げが容認され、最大15分のタイム差が付くほどメイン集団はゆっくりとレースを進めた。レースが動き出したのはラスト4周、逃げている4人のペースも落ち、集団は一気に差を詰めていく。ヨーロッパカーもレースを新たな展開に持っていくために、集団からアタックを繰り返すが、新城には動きが見られなかった。

 この時、チームのエースであるトマ・ボクレールは新城の調子のよさを確信し、最後のスプリントに備え、温存しておくように」と指示を出した。
 新城はその指示通り、集団が一つになり、レースが振り出しに戻った終盤の激しいアタック合戦には参加せず、前方の好位置をキープしながらゴールに備えた。

 しかしまさかの落車。治療を終えた新城は「自分の不注意だった。調子がよかっただけに本当に残念。肩の骨が折れてなければいいが。これでシーズンを終えることにはなりたくないので」と語っている。
 新城は右肩にヒビあるいは骨折の疑いがあり、このあと専門病院で検査をするが日常生活には支障なく過ごしているという。(飯島美和)
《編集部》
≪関連記事≫
≫J1リーグで身長の高い選手ランキングを作成してみたら、トップ5選手は全員〇〇だった

≫メドベージェワの黒縁メガネ姿が可愛い!以前は『ユーリ!!! on ICE』のコスプレも

≫羽生結弦のモノマネ芸人、小塚崇彦&中家佐奈に怒られる?
page top