新城がリムザンで総合成績のタイムを縮め最終日へ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

新城がリムザンで総合成績のタイムを縮め最終日へ

 フランスで行われている4日間のステージレース、ツール・ド・リムザン第3ステージが8月22日に行われ、2年連続の総合優勝をねらう新城幸也(28=ヨーロッパカー)はコース途中のスプリントポイントでボーナスタイムを獲得し、首位とのタイム差を4秒から3秒に縮めて総合

バックナンバー 過去ニュース
 フランスで行われている4日間のステージレース、ツール・ド・リムザン第3ステージが8月22日に行われ、2年連続の総合優勝をねらう新城幸也(28=ヨーロッパカー)はコース途中のスプリントポイントでボーナスタイムを獲得し、首位とのタイム差を4秒から3秒に縮めて総合
  •  フランスで行われている4日間のステージレース、ツール・ド・リムザン第3ステージが8月22日に行われ、2年連続の総合優勝をねらう新城幸也(28=ヨーロッパカー)はコース途中のスプリントポイントでボーナスタイムを獲得し、首位とのタイム差を4秒から3秒に縮めて総合
 フランスで行われている4日間のステージレース、ツール・ド・リムザン第3ステージが8月22日に行われ、2年連続の総合優勝をねらう新城幸也(28=ヨーロッパカー)はコース途中のスプリントポイントでボーナスタイムを獲得し、首位とのタイム差を4秒から3秒に縮めて総合2位で23日の最終日を迎えることになった。

 この日は序盤と終盤にカテゴリー2級の山岳、中盤に3級山岳、そして3回のスプリントポイントが設けられ、リモージュ地方特有の丘陵地帯のアップダウンが繰り返されるサバイバルなコースレイアウト。加えてスタート時にはぐんぐんと気温が上がり、暑さとの戦いにもなった。

 序盤はいつもの通り、いくつかの逃げグループができ、それが吸収されて、また次のエスケープを繰り返すというレース展開の中、チームメイトらはエースの新城を守りながらも、他のチームを消耗させるためトマ・ボクレールをはじめとして積極的にアタックし、ゴールまで新城を温存させる。

 その働きに応えて、新城はゴール13km手前のスプリントポイントでボーナスタイムを獲得することに成功。チームの戦略どおり、ゴールは集団プリントに持ち込まれたが、この時点でアシストとして動いたチームメイトはメイン集団に残っておらず、新城は単独でのゴールスプリントとなり、20位でレースを終えた。

「チームメイトたちは少ない人数でよく働いてくれていた。昨年は同タイムでも総合優勝できたことからボーナスタイムの重要性はとても感じている。そのため積極的に取りに行った。毎日の暑さに疲れているけど、消耗しているのはどの選手も同じ。明日はもちろんステージ優勝を狙うしかない」と新城。(飯島美和)
《編集部》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top