BMX世界選手権の庄司萌々は決勝進出ならず | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

BMX世界選手権の庄司萌々は決勝進出ならず

 BMX世界選手権は7月25日に2日目を迎え、チャレンジカテゴリーの9歳以下クラスと、クルーザークラスが開催された。日本からは16選手が参加し、ガールズ9歳クラスの庄司萌々(もも=神奈川県BMX協会)と40~44歳クルーザー男子クラスの三輪和弘が準決勝まで勝ち進んだも

バックナンバー 過去ニュース
 BMX世界選手権は7月25日に2日目を迎え、チャレンジカテゴリーの9歳以下クラスと、クルーザークラスが開催された。日本からは16選手が参加し、ガールズ9歳クラスの庄司萌々(もも=神奈川県BMX協会)と40~44歳クルーザー男子クラスの三輪和弘が準決勝まで勝ち進んだも
  •  BMX世界選手権は7月25日に2日目を迎え、チャレンジカテゴリーの9歳以下クラスと、クルーザークラスが開催された。日本からは16選手が参加し、ガールズ9歳クラスの庄司萌々(もも=神奈川県BMX協会)と40~44歳クルーザー男子クラスの三輪和弘が準決勝まで勝ち進んだも
 BMX世界選手権は7月25日に2日目を迎え、チャレンジカテゴリーの9歳以下クラスと、クルーザークラスが開催された。日本からは16選手が参加し、ガールズ9歳クラスの庄司萌々(もも=神奈川県BMX協会)と40~44歳クルーザー男子クラスの三輪和弘が準決勝まで勝ち進んだものの、それぞれ7位でゴールし、決勝進出はならなかった。

 クルーザーとは24インチの車輪を使用したBMX自転車。通常の20インチと比べて大径のホイールを使用することで安定感に優れて、年齢層の高い選手に人気がある。
 チャレンジカテゴリーのレースはこの日で終了し、27日からはチャンピオンシップカテゴリーが開催される。
《編集部》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代
page top