菜の花が咲く道を親子でサイクリング | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

菜の花が咲く道を親子でサイクリング

バックナンバー 過去ニュース

 東京都自転車競技連盟普及委員会が主催する春の「親子ブルベ」が4月28日に開催された。ブルベとは、規定時間内に指定されたコントロールポイントを回ってブルベカードにサインをもらい、スタート&フィニッシュ地点に戻れば、一人前のサイクリストであることが認定さ
  •  東京都自転車競技連盟普及委員会が主催する春の「親子ブルベ」が4月28日に開催された。ブルベとは、規定時間内に指定されたコントロールポイントを回ってブルベカードにサインをもらい、スタート&フィニッシュ地点に戻れば、一人前のサイクリストであることが認定さ
 東京都自転車競技連盟普及委員会が主催する春の「親子ブルベ」が4月28日に開催された。ブルベとは、規定時間内に指定されたコントロールポイントを回ってブルベカードにサインをもらい、スタート&フィニッシュ地点に戻れば、一人前のサイクリストであることが認定されるイベント。

 同委員会は年に2回、この親子ブルベを開催している。特に春の親子ブルベは入門編で、総距離42.9kmのうち90%以上がサイクリングロードですべて平坦。この日は晴天の埼玉県・秋ケ瀬公園の羽根倉橋寄り駐車場から、17組40人の親子が午前8時30分から1分おきにスタートを切った。
 荒川のサイクリングロードで桶川のホンダエアポートの先にある太郎衛門橋で左岸から右岸にわたり第1コントロールポイントの「旧陸軍桶川飛行学校」、菜の花の香りにむせかえるほどの黄色い小径のサイクリングロードで第2コントロールポイント「榎本牧場」に走り、牧場名物の手作りジェラードで疲れを吹き飛ばす。
 フィニッシュ地点に戻るまでに、野生のキジを追いかけたり、山菜を摘んだり、転んで泣く子供をなだめたり…。参加者は忘れられない思い出をたくさん手に入れた。
《編集部》
page top