アームストロングが癌撲滅基金に謝罪 ドーピング告白へ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

アームストロングが癌撲滅基金に謝罪 ドーピング告白へ

バックナンバー 過去ニュース

 禁止薬物使用によりツール・ド・フランス7連覇をはく奪され、自転車競技界から永久追放されているランス・アームストロング(41=米国)が、自らが設立した癌撲滅基金の「リブストロング」関係者に対して謝罪した。これによりドーピングの事実を認めることが確実となった。

 1月17日には米国の人気テレビ番組「オプラーズネクストチャプター」に出演し、ドーピングを告白すると推測されている。
《編集部》
≪関連記事≫
≫J1リーグで身長の高い選手ランキングを作成してみたら、トップ5選手は全員〇〇だった

≫米国メディアに手の平を返させた大谷翔平、開幕前の酷評をどう感じていた?

≫ジュビロ磐田・小川航基のスーツ姿がイケメンすぎる!

編集部おすすめの記事

page top