ブエルタの個人TTでコンタドールが首位に肉薄 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ブエルタの個人TTでコンタドールが首位に肉薄

バックナンバー 過去ニュース

 ブエルタ・ア・エスパーニャは8月29日、カンバドス~ポンテベドラ間の40kmで第11ステージとして個人タイムトライアルが行われ、サクソバンク・ティンコフバンクのアルベルト・コンタドール(29=スペイン)が17秒遅れの区間2位と好タイムを記録した。首位を走るホアキ
  •  ブエルタ・ア・エスパーニャは8月29日、カンバドス~ポンテベドラ間の40kmで第11ステージとして個人タイムトライアルが行われ、サクソバンク・ティンコフバンクのアルベルト・コンタドール(29=スペイン)が17秒遅れの区間2位と好タイムを記録した。首位を走るホアキ
 ブエルタ・ア・エスパーニャは8月29日、カンバドス~ポンテベドラ間の40kmで第11ステージとして個人タイムトライアルが行われ、サクソバンク・ティンコフバンクのアルベルト・コンタドール(29=スペイン)が17秒遅れの区間2位と好タイムを記録した。首位を走るホアキン・ロドリゲス(33=スペイン、カチューシャ)は1分16秒遅れで、その座を守ったもののコンタドールに1秒差に迫られた。

 トップタイムで優勝したのはアスタナのフレドリク・ケシャコフ(32=スウェーデン)。
 連日にわたってみごとなアシストぶりを見せるアルゴス・シマノの土井雪広(28)は「今日は体力を使わないで走る」と7分44秒遅れの164位にとどめた。
《編集部》

編集部おすすめの記事

page top