全日本学生ロードが18、19日に奥木曽湖で開催 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

全日本学生ロードが18、19日に奥木曽湖で開催

バックナンバー 過去ニュース

 日本学生自転車競技連盟が主催する全日本学生選手権個人ロードレース大会が6月18・19日に長野県木曽郡木祖村の奥木曽湖特設コースで行われる。同大会はユニバーシアードの選考対象大会。昨年はコースが土砂災害のため使用できず、急きょ大町美麻地区での開催だったが
  •  日本学生自転車競技連盟が主催する全日本学生選手権個人ロードレース大会が6月18・19日に長野県木曽郡木祖村の奥木曽湖特設コースで行われる。同大会はユニバーシアードの選考対象大会。昨年はコースが土砂災害のため使用できず、急きょ大町美麻地区での開催だったが
 日本学生自転車競技連盟が主催する全日本学生選手権個人ロードレース大会が6月18・19日に長野県木曽郡木祖村の奥木曽湖特設コースで行われる。同大会はユニバーシアードの選考対象大会。昨年はコースが土砂災害のため使用できず、急きょ大町美麻地区での開催だったが、再び木曽湖に戻ってきた。

 コースは1周9kmの奥木曽湖湖畔を、男子が20周+1kmの181km、女子が11周+1kmの100kmで学生ロードチャンピオンを争う。1周あたりの累計高低差は100mとそれほど大きくはないが、道幅が狭く逃げもできやすいので、激しいレースとなることが多い。
 一昨年の優勝者は木守望(京都産業大卒)、昨年は内間康平(鹿屋体育大卒)で、ともに今年から愛三工業、ダンジェロアンティヌッティNIPPOに加入。プロへの登竜門といえる大会でもある。
《編集部》
page top