キャノンデールに乗る鹿屋体大勢が熊野で活躍 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

キャノンデールに乗る鹿屋体大勢が熊野で活躍

バックナンバー 過去ニュース

 5月26日から4日間の日程で行われたツール・ド・熊野に、国内外の強豪チームとともに鹿屋体育大チームが参戦した。山本元喜が山岳賞の3位になるなど、キャノンデールバイクに乗る黄色のジャージが活躍した。
  •  5月26日から4日間の日程で行われたツール・ド・熊野に、国内外の強豪チームとともに鹿屋体育大チームが参戦した。山本元喜が山岳賞の3位になるなど、キャノンデールバイクに乗る黄色のジャージが活躍した。
 5月26日から4日間の日程で行われたツール・ド・熊野に、国内外の強豪チームとともに鹿屋体育大チームが参戦した。山本元喜が山岳賞の3位になるなど、キャノンデールバイクに乗る黄色のジャージが活躍した。

 世界遺産である三重県と和歌山県の紀伊山地を舞台に行われるアジア圏の国際レースに、海外チームはもとより国内コンチネンタルチームが勢ぞろい。事実上の国内開幕戦になった。鹿児島県にある国立大、鹿屋体育大は野中竜馬、高宮正嗣、野口正則、黒枝士揮、山本元喜、徳田鍛造の6選手が参戦し、実業団チームに負けない走りを見せた。
《編集部》
page top