トラック世界選手権男子スプリントで日本勢敗退 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

トラック世界選手権男子スプリントで日本勢敗退

バックナンバー 過去ニュース

 オランダのアペルドールンで開催されているトラック世界選手権は3月24日、男子スプリントが行われ、競輪選手の北津留翼が2回戦に進出したものの敗退し、日本勢は上位に食い込めなかった。

 50人が出場した男子スプリント。うち日本勢は北津留・渡邉一成・新田祐大・雨谷一樹の4人が出場。予選の200mフライングタイムトライアルで上位24人が予選を勝ち上がるが、日本勢で予選を突破したのは北津留、渡邉のみ。
 その後、渡邉は本戦で敗退。予選13位の北津留は1回戦で勝利し、2回戦に進むも敗退。さらに敗者復活戦でも敗退しベスト8に進むことができなかった。
《編集部》

編集部おすすめの記事

page top