MTBクロスカントリーに新種目、ルール変更も | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

MTBクロスカントリーに新種目、ルール変更も

バックナンバー 過去ニュース
 国際自転車競技連合がMTB競技の規則を改訂し、「クロスカントリー・エリミネーター」を新種目として採用した。500~1,000mのコースを舞台に、1クラス6選手以下で一斉スタートし、ゴールの着順を競う。現在ダウンヒル競技で行われているフォークロスのクロスカントリー版。ワールドカップで採用されるが、国内公認大会もこれに追随していく方向。

 またクロスカントリーレースは競技時間変更が変更された。男女ともにエリートレースは最短1時間30分、最長1時間45分が標準の競技時間となった。その他のカテゴリーも時間短縮された。距離は1周4~6kmと規定された。
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」
page top