見えぬロンドン五輪、日本短距離陣はW杯で苦戦 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

見えぬロンドン五輪、日本短距離陣はW杯で苦戦

バックナンバー 過去ニュース
 トラックワールドカップ第1戦メルボルン大会は12月3日、豪州の同地で大会2日目の競技を行い、男子ケイリンで競輪選手の渡邉一成が6位になった。

 6種目の総得点で争う男子オムニアムは盛一大(愛三工業)が16位。女子スプリントでは前田佳代乃(鹿屋体育大)が予選200mタイム12秒145の29位で、予選通過となる16位までに入れなかった。女子オムニアムに出場した田畑真紀(ダイチ)は予選を通過し、6種目中の3種目を終了。最終日となる4日に残り3種目を行う。
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top