シマノの野寺秀徳が全日本選手権を最後に引退へ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

シマノの野寺秀徳が全日本選手権を最後に引退へ

バックナンバー 過去ニュース

 シマノレーシングのキャプテン野寺秀徳(34)が、6月27日に広島県立中央森林公園で開催される全日本選手権で現役を引退すると発表した。野寺は1998年からシマノレーシングに所属。2005年と2008年に全日本チャンピオンとなり、2002年にはジロ・デ・イタリアで完走した
  •  シマノレーシングのキャプテン野寺秀徳(34)が、6月27日に広島県立中央森林公園で開催される全日本選手権で現役を引退すると発表した。野寺は1998年からシマノレーシングに所属。2005年と2008年に全日本チャンピオンとなり、2002年にはジロ・デ・イタリアで完走した
 シマノレーシングのキャプテン野寺秀徳(34)が、6月27日に広島県立中央森林公園で開催される全日本選手権で現役を引退すると発表した。野寺は1998年からシマノレーシングに所属。2005年と2008年に全日本チャンピオンとなり、2002年にはジロ・デ・イタリアで完走した。人望が厚く誰からも好かれる人柄だけに、引退を惜しむ声もあるが、
「最後のレースとなる全日本選手権の優勝を目指して走ります」と語っている。

野寺秀徳のコメント
「6月27日の全日本選手権を最後に現役生活に終止符を打つことになりました。突然のことと驚く方もいるかと思いますが、私の中では以前から決めていたこと。今回のレースを一つの区切りと考えた上で、決断しました。これまで支えて下さった全ての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
 プロのレーサーは引退しますが、自転車をやめるつもりはありません。私は、この乗り物の上で勇気をもらい、人との出会いを与えてもらい、いろいろなことを教えてもらいました。幼いときからすでに生活の一部、体の一部のようなものでした。これからもそれは変わりません。
 まだ決まってはいませんが、今後はレースの現場にもなんらかの形で携わることができると思います。ただ、今はまだ現役の選手。最後の瞬間まで、これまでどおり仲間とともに勝利を目指し、レースに向き合っていきたいと考えています。
 6月27日もこれまでのレースと変わらない応援をよろしくお願いします」
《編集部》
page top