全日本学生選手権個人ロードが6日に大町美麻で開催 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

全日本学生選手権個人ロードが6日に大町美麻で開催

バックナンバー 過去ニュース

 日本学生自転車競技連盟が主催する全日本学生選手権個人ロードレース大会が、6月6日に長野県大町美麻の特設コースで行われる。6年前から長野県の木祖村奥木祖湖周回コースで行われていたが、コースが土砂災害のため使用できず、急きょ変更された。大町美麻のコースは
  •  日本学生自転車競技連盟が主催する全日本学生選手権個人ロードレース大会が、6月6日に長野県大町美麻の特設コースで行われる。6年前から長野県の木祖村奥木祖湖周回コースで行われていたが、コースが土砂災害のため使用できず、急きょ変更された。大町美麻のコースは
 日本学生自転車競技連盟が主催する全日本学生選手権個人ロードレース大会が、6月6日に長野県大町美麻の特設コースで行われる。6年前から長野県の木祖村奥木祖湖周回コースで行われていたが、コースが土砂災害のため使用できず、急きょ変更された。大町美麻のコースは、2年前の全日本大学対抗選手権大会(インカレ)が行われた場所。男子は1周12.6kmを13周する163.8kmで競われる。女子レースは参加者が少なかったため開催せず。

 155選手がエントリーしている同大会の優勝争いは、学生として群を抜いた成績を残している西薗良太(東京大)と内間康平(鹿屋体育大)が筆頭だ。
 西薗は5月に行われたツアー・オブ・ジャパン(UCI2.2)で、学連選抜ジャパンチームのエースとして総合11位(日本人4位)という好成績を修めた。昨年このコースで行われたレースでは、実業団プロ選手を相手に2位。昨年のインカレロードは狙い通りに優勝したが、学生ロードの2大タイトルであるこの選手権では入賞経験がなく、当然優勝を狙ってくるだろう。

 内間も4月に行われたツアー・オブ・タイランドで3日連続100km以上の逃げに乗り、第5ステージではステージ優勝と、総合リーダーも獲得した。最終的に総合7位という成績だったが、積極果敢な走りは高く評価された。先週のツール・ド・熊野でも毎ステージ積極的に逃げを決め、山岳賞2位も獲得している。

 昨年の選手権覇者で、西薗とともにツアー・オブ・ジャパンに出場した木守望(京都産業大)や、U23日本代表として内間とともにツアー・オブ・タイランドやツール・ド・台湾に出場した越海誠一(日本大)らの走りにも注目だ。
《編集部》
page top