ジロ・デ・イタリア第12Sはポッツァートが優勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ジロ・デ・イタリア第12Sはポッツァートが優勝

バックナンバー 過去ニュース

 ジロ・デ・イタリアは5月20日、チッタ・サンタンジェロ~ポルト・レカナーティ間206kmで第12ステージが行われ、イタリアチャンピオンのフィリッポ・ポッツァート(28=カチューシャ)が少人数のゴール勝負を制して優勝した。大会12日目にしてようやく地元イタリア勢が勝利を挙げたことになる。

●第12S成績
1 F・ポッツァート(イタリア、カチューシャ)5時間15分50秒
2 T・ボクレール(フランス、Bboxブイグテレコム)同タイム
3 J・ピノー(フランス、クイックステップ)同タイム
4 S・ガルゼッリ(イタリア、アクアエサポーネ)同タイム
5 A・ビノクロフ(カザフスタン、アスタナ)同タイム
6 V・ニバリ(イタリア、リクイガス・ドイモ)同タイム
22 新城幸也(Bboxブイグテレコム)10秒遅れ

●個人総合成績
1 R・ポート(豪州、サクソバンク)50時間46分16秒
2 D・アロヨ(スペイン、ケスデパーニュ)1分42秒遅れ
3 R・キセルロフスキー(クロアチア、リクイガス・ドイモ)1分56秒遅れ
4 X・トンド(スペイン、サーベロ、サーベロ)3分54秒遅れ
5 V・アニョーリ(イタリア、リクイガス・ドイモ)4分41秒遅れ
6 A・エフィムキン(ロシア、AG2Rラモンディアル)5分16秒遅れ
141 新城幸也(Bboxブイグテレコム)1時間53分31秒遅れ
《編集部》

編集部おすすめの記事

page top