五輪スピード銀の長島に自転車界のアネゴが祝福の声 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

五輪スピード銀の長島に自転車界のアネゴが祝福の声

バックナンバー 過去ニュース

 バンクーバー五輪のスピードスケート男子500mで銀メダルを獲得した長島圭一郎に、同じ北海道池田町出身、池田高卒業の沖美穂が「オリンピック銀メダル、おめでとうございます」と祝福のコメントを送った。沖自身も元スピードスケート選手で、W杯出場経験もある。橋本
  •  バンクーバー五輪のスピードスケート男子500mで銀メダルを獲得した長島圭一郎に、同じ北海道池田町出身、池田高卒業の沖美穂が「オリンピック銀メダル、おめでとうございます」と祝福のコメントを送った。沖自身も元スピードスケート選手で、W杯出場経験もある。橋本
 バンクーバー五輪のスピードスケート男子500mで銀メダルを獲得した長島圭一郎に、同じ北海道池田町出身、池田高卒業の沖美穂が「オリンピック銀メダル、おめでとうございます」と祝福のコメントを送った。沖自身も元スピードスケート選手で、W杯出場経験もある。橋本聖子にあこがれて自転車競技に転向した後は、シドニー、アテネ、北京五輪に出場。全日本選手権を11連覇するなど、「自転車界のアネゴ」として君臨した。

「長島選手とは出身校が同じ。年代が違うので実際に同じ大会に出場したことはないが、私が特に記憶しているのは、部活動の一環として小学生にスケートを教える機会があり、小学生の長島選手と一緒にスケートを滑ったこと。とても明るく楽しそうに滑っていた印象がある」と沖。
 一方の長島も、沖が自転車選手として夏季オリンピックに出場するたびに応援。沖が書いたサイクルスタイルの連載コラムを読んで、記事に書かれていた「よく眠れる耳せん」に興味を持ち、沖に連絡して送ってもらったりしたという。
 沖は08年に自らが自転車競技を引退してからも、長島を応援していただけに、銀メダル獲得のニュースは自分事のようにうれしかった。
「同じく及川佑選手、太田明生選手も同校出身なので、長島選手同様に応援していました。3選手とも同校出身として誇りに思います」
 現在はJOCの指導者研修生としてイタリア修行中。「私も負けずに頑張ります」と語った。(山口和幸)
《編集部》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top