自転車メーカー社長のルイ・ガルノーが聖火リレーに参加 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

自転車メーカー社長のルイ・ガルノーが聖火リレーに参加

バックナンバー 過去ニュース

 日本では「ルイガノ」のブランド名で知られる自転車総合メーカーを経営するカナダのルイ・ガルノーが、2010バンクーバーオリンピックの聖火リレーに参加した。同氏は84年ロサンゼルスオリンピックのトラック競技で入賞経験を持ち、オリンピック・カナダナショナルチー
  •  日本では「ルイガノ」のブランド名で知られる自転車総合メーカーを経営するカナダのルイ・ガルノーが、2010バンクーバーオリンピックの聖火リレーに参加した。同氏は84年ロサンゼルスオリンピックのトラック競技で入賞経験を持ち、オリンピック・カナダナショナルチー
 日本では「ルイガノ」のブランド名で知られる自転車総合メーカーを経営するカナダのルイ・ガルノーが、2010バンクーバーオリンピックの聖火リレーに参加した。同氏は84年ロサンゼルスオリンピックのトラック競技で入賞経験を持ち、オリンピック・カナダナショナルチームのユニフォームを22年にわたって提供するなど、今でもオリンピックとのつながりが深い。

 2010バンクーバーオリンピックの聖火リレー。12月初旬にカナダ東部のケベック市で開催された聖火リレーにルイ・ガルノーが参加。
「25年以上も選手として、またビジネスマンとしてオリンピックに携わってきたことが評価され、最高の名誉を与えられた」と同氏。
《編集部》
page top