第一回中房総サイクルトレインが開催 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

第一回中房総サイクルトレインが開催

バックナンバー 過去ニュース

NPOサイクリスト国際交流協会は地元のJA市原市、道の駅「アズの里」などの協力のもと8月16日(日)に千葉県の中央に位置する「中房総」を中心に第一回中房総サイクルトレインを開催した。(運営:株式会社KSインターナショナル)
  • NPOサイクリスト国際交流協会は地元のJA市原市、道の駅「アズの里」などの協力のもと8月16日(日)に千葉県の中央に位置する「中房総」を中心に第一回中房総サイクルトレインを開催した。(運営:株式会社KSインターナショナル)
NPOサイクリスト国際交流協会は地元のJA市原市、道の駅「アズの里」などの協力のもと8月16日(日)に千葉県の中央に位置する「中房総」を中心に第一回中房総サイクルトレインを開催した。(運営:株式会社KSインターナショナル)

サイクルトレインは、組み立てた状態の自転車を電車に持ち込み、目的地まで移動。目的地最寄の駅で自転車を下ろしてサイクリングを楽しむイベント。

第一回目の今回は、コマーシャルや映画撮影でも使用される小湊鉄道の五井~養老渓谷までの40km区間をサイクルトレインで移動し、房総半島の中心に位置する丘陵地から五井駅まで約40km区間をゆったりとしたペースで走るもの。5歳から56歳までの幅広い年齢の参加者がサイクリングを楽しんだ。

ガイドによる案内で安全に走行し、車では入れない自転車ならではのルートを走行。「ヤムいもコロッケ」や「きびご飯」が入った健康食弁当や、途中の道の駅「アズの里」では、スイカや梨が振舞われ、参加者の胃袋を満たした。

サイクルとレインは、12月まで毎月開催される。毎回コースレイアウトが異なり、中房総の風光明媚な風景と地元の方々の温かいサポートなどが体験できる。
《編集部》
page top