ブリッツェンの長沼隆行がTOKYOセンチュリーライド参加 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ブリッツェンの長沼隆行がTOKYOセンチュリーライド参加

バックナンバー 過去ニュース

 日本で二番目に強い山岳スペシャリスト、宇都宮ブリッツェンの長沼隆行(24)が9月19日に開催されるTOKYOセンチュリーライドARAKAWA 2009に参加することが決まった。同選手は東日本ロードレースで優勝するなど国内トップクラスの実力を持ちつつ、最先端の感性を発揮し
  •  日本で二番目に強い山岳スペシャリスト、宇都宮ブリッツェンの長沼隆行(24)が9月19日に開催されるTOKYOセンチュリーライドARAKAWA 2009に参加することが決まった。同選手は東日本ロードレースで優勝するなど国内トップクラスの実力を持ちつつ、最先端の感性を発揮し
 日本で二番目に強い山岳スペシャリスト、宇都宮ブリッツェンの長沼隆行(24)が9月19日に開催されるTOKYOセンチュリーライドARAKAWA 2009に参加することが決まった。同選手は東日本ロードレースで優勝するなど国内トップクラスの実力を持ちつつ、最先端の感性を発揮した言動などで、国内自転車界で異彩を放つ存在として「よくも悪しくも」注目されている。

 上り坂を登らせたらシマノレーシングの狩野智也に次ぐ強さを発揮する長沼は、その練習量のわりに強いことで定評があり、今季は新生ブリッツェンのエース格として活動する。注目を集めるブログを見ても分かるように、同年代の普通の若者のように飲み歩いたり、遊んだりしている一方で、今季の実業団ランキングで首位を争う位置につけているから不思議。
 チームの首脳陣も「まじめに練習さえすれば、日本の頂点に君臨できるのに」とコメント。その独特のキャラクターで人気があり、首都圏最大のロングライドイベントにチームを代表しての参加が決まった。
 一見すればイケメンレーサーなのだが、当人は全く気取らない存在。当日はおなじみの宇都宮ブリッツェンの真っ赤なレーシングウェアで登場するので、気軽に声をかけてみよう。
《編集部》

編集部おすすめの記事

page top