元砂勇雪がジュニア世界選手権ポイントで2位 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

元砂勇雪がジュニア世界選手権ポイントで2位

バックナンバー 過去ニュース

 ロシアのモスクワで開催されているジュニア世界選手権は8月11日、トラックレース初日を迎え、男子ポイントレースで元砂勇雪(奈良・榛生昇陽高)が2位になった。ジュニアクラスでは国内中距離の第一人者である同選手は、落ち着いたレース運びで着実にポイントを重ね、好記録をもぎ取った。「メダルが取れてとてもうれしい。12日の3km個人追い抜きでもジュニア日本記録をねらっていく」と語った。

 女子500mタイムトライアルでは前田佳代乃(鹿屋体育大)が36秒111のジュニア日本新記録を樹立した。
《編集部》

編集部おすすめの記事

page top